FC2ブログ
燐夜が思った事、感じた事、ゲームの感想などを節操無しに書いてくチラシの裏。基本的にゲームの話が中心です。
漸く終盤
2018-03-03 Sat 15:38
アトリエも順調に進めて漸く10話。
戦闘BGMが3に変わったし、レシピも一番下まで来たのでもう終わるでしょう。正直、10話で最終話かと思ってたけど。
スクショ取って貼り付けてた方が色々とやりやすいかもなぁ、やっぱり。特にアトリエ系はスクショ取れるし。まぁ後で考えよう。
ここまで来てメインもサブも大半のイベントが消化されました。

メイン所はロジェが実は公認錬金術師だったりとか、そもそも元々ヴォルテール家の出身だったとか。
双子とルーシャが実はいとこ同士だったとか。まぁ、ルーシャは知ってたけど(というか双子が知らなかった事自体知らなかった)
何故ロジェがあんなへっぽこ錬金術師になってしまったかの経緯とかも詳しく語られました。
本来の実力は国随一であったヴォルテールの主をルーシャごと打ち負かすほど。まぁ公認錬金術師ならば当然の事なのかもしれない。
しかし、最愛の妻を今まで何度も作って治してきた病気で失い、それがトラウマになってしまい錬金の際に腕が震えるようになってしまった。
今回の時間制限はその関連のもので30日以内に条件を満たさないとバッドエンドかな?条件緩すぎてすぐに達成できる代物だったけど
9話クリアでトラウマを払拭し、本来の錬金術の腕を披露できるようになります。が!
今までの奇天烈錬金術はトラウマとは無関係だった模様。本来は違うって言ってたけどやっぱマッド錬金術師じゃないか!
あと絵画の説明が誰が語ってくれていたのかも明らかに。
最初は以前の場所の説明のような語りだと思っていたんですが海底宝物庫で誰かが語っていた描写が描かれ、双子が最初に跳んだ絵画ではっきりと判明。
不思議な絵画に残留思念として残っていた双子の母親であるオネットが語っていたものでした。兼役かと思ったけどそんな事はなかったぜ。
レシピ発想から出たモノを見るにあと2枚か3枚で本編は終わりかな。

サブイベントも…まぁ、大体予想通りでしたね。
今作はパーティキャラはキャライベント完遂で最強武器作成が可能になります。

アルトの正体はやはりソフィーでラスボスだったルアード。
掘り下げも進み、何故ああなってしまったのかという動機も判明。
ソフィーの追加シナリオを見たときは嫉妬かなって思ったけど、本当の動機はこれ以上プラフタとの腕を引き離されたくなかったから。
最初こそ切磋琢磨して腕を磨いていたが、才能の差から徐々に引き離されていくのを実感してしまい、そんな時に見つけてしまったのがソフィーの時に大きな問題となりかけた根絶の錬金術。
リスクを承知しながらも一度手を出してしまったが最後、その強大な力に徐々に魅入られていき手段と目的が摩り替わっていってしまった。
その末が、プラフタが肉体を失い、ルアードがメクレットとアトミナに分れたあの戦い。
その戦いの光景を垣間見ることもできました。でもこれだとプラフタが完全に死んでいる描写なんですけど
因みに判明したイベントの最後、過去と決別する為に具現化させたルアードと戦う事に。流石にラスボスの時とは比べ物にならないほど弱いですが。
但し、まだイベント完遂ではなく。まだ友好度70前後なんですよねぇ…

人形劇一家はイベント完了かな?まだ一個あるかも?
やっぱりグレースが愛想尽かして家出したと言われていたフリッツの妻でした。
でもこの人、性格の方向性的にフリッツさんと全く同じ系統なんですけどぉ!
こちらを見向きしなくなって寂しくなって思わず家出してしまったらしいけど、一緒になって混ざれば別段問題なかったのでは…?
最初は両者共に復縁する事を諦めていたけど双子の説得で人形劇一家は仲直りすることを決意。
その為の最高の人形劇は今までの不思議シリーズの集大成、4人の主人公を題材にした【不思議な不思議な物語】。
グレースから甘い部分があった指摘があったものの、仲直りするという目的自体は大成功。
フリッツサイドは追加公演があったけどグレースサイドはイベントは出てこないのでどうなるかはまだ不明。

コルもとうとう父親の居場所を突き止め…いや、突き止めたといっていいものか…
父親の情報はまるで無く、双子たちも情報収集するもこれと言った情報は無く。
八方手詰まりの状態でまさかの所から情報が。
ドロッセルが散歩した時にコルのオルゴールの音を聞き、同じ格好をした人たちが住むという場所へと行ったという。
しかし、空間を超えるレベルでの方向音痴であるドロッセルでは場所の位置の説明が出来ない。
そこでコルネリア商会のチラシを持たせてそこまで行って宣伝してもらうことに。
その作戦は成功し、コルの父親らしき人も発見できたと言う。
後はその人が来るのを待つばかり…
…なんだけど良く考えて見て欲しい。
目立つ格好であるにもかかわらず、アダレット近辺では全くその情報が無かった以上、明らかにその場所は隠れ里の類。
そこへふらっと行ってふらっと帰って来れるドロッセルの方向音痴とは一体……
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0
<<うむぅ? | 燐夜のチラシの裏 | 3月に入って>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 燐夜のチラシの裏 |